金物工法推進協議会
金物工法推進協議会

金物工法

ご挨拶

会長 前田嘉孝

 木造住宅は住まいとして数多くの優れた性能を持ち、多くの国民が住むことを望んでいる住宅ですが、その生産供給システムにおいては他の工業化された住宅に比べて遅れていると言われている現状への対応として、木造住宅の受発注業務、設計積算見積業務、加工配送業務、施工工程管理業務などの供給システムの合理化推進が強く求められている状況です。
 このような要望に対して、我々金物工法推進協議会は地球環境と居住環境へ配慮した仕様の設計、そして安全性と耐久性の向上を求めた構造、及び意匠設計の標準化、資源の無駄使いをしない資材規格と加工基準、そして建築現場で廃棄物を出さない資材納入と作業手順の標準化を図って参ります。
 この様な資材規格、加工基準、施工基準の標準化は、建築設計基準を統一する事となり、建築現場の工程管理を容易にし、資材と施工の品質管理と責任体制を明確にします。そしてこれらの資材、加工、施工の情報を共有することによって性能住宅の供給システムを構築することを目的に金物工法推進協議会を平成16年4月に発足しました。
 金物工法推進協議会は、木造住宅の新しい生産供給システムの構築に取組んだ企業が団結して「会員相互の協調を図り、関係官公庁との連携を保つ中で、業界共通の問題に対処しつつ、安価で良質な木造住宅の供給する過程で、地球環境、居住環境、地域社会への貢献(地産地消)新しい施工技術と建築資材の開発を目指し、木造建築に関する幅広い業種の分野で調査研究及び教育普及活動を行うとともに、不特定多数の市民、団体などを対象に助言または支援、協力を行い、木造住宅業界の技術水準の高揚、建築物の品質向上、次世代人材の育成を推進し、もって社会教育、健全な町づくり、環境の保全、地域の安全など公益の増進に寄与する」事を目標としています。


施主様向けリフォーム案内

架構設計の手引
架構設計の手引
木構造設計のポイント
無料配布中
一般社団法人 木造住宅デザイン研究会ユア・ホーム
Copyright(c) 2011 金物工法推進協議会 All Rights Reserved.